学校の一日
A DAY AT SOUMEI

聡明中生の一日の流れを紹介

  • 朝の授業
    朝課外
    毎朝8:00〜8:30まで朝の読書や新聞による時事研究学習を行います。 静かな雰囲気で、課外に取り組んでいます。
  • 朝の授業
    あいさつ 思いやり 優しい心
    日々の生活の中で大切なことを学んでいきます。
  • 朝の授業
    朝の祈り
    新しい朝を迎えたことを感謝し、一日が始まります。
  • 朝の授業
    授業風景
    楽しく、わかりやすい授業です。
  • 朝の授業
    清掃
    毎日学ぶ校舎に感謝の気持ちをこめ、清掃します。
  • 朝の授業
    昼食
    待ちに待ったランチタイム、いただきます!
  • 朝の授業
    昼食
    待ちに待ったランチタイム、いただきます!
  • 朝の授業
    清掃
    毎日学ぶ校舎に感謝の気持ちをこめ、清掃します。
  • 16:45
    マリアホールタイム
    マリアホールタイム
    放課後は職員室前のマリアホールに、勉強したい生徒が集まってきます。上級生から勉強を教わったり、先生に質問したり。
    授業で納得できなかったところも、この時間にしっかりと確認できます。
    わからないところは先生に質問!

聡明中では、人間教育と学力向上を目的に各教科
において具体的な目標を掲げて授業を行っています。

  • 英語科
    英語科
     英語で読む・聞く・書く・話す力を十分に伸ばしていくために、英検や英語暗唱弁論大会に積極的に参加させたり、ネイティブスピーカーによる英会話や洋書を読んで読解力を深める授業を行っています。また、APU英語合宿を通して留学生と英語で交流をはかるなど、生きた英語教育を行なっています。
  • 数学科
    数学科
     数学では授業時間数を増やし、ゆとりある先行履修を行っています。日常生活で数学をつかう活動や、説明し合う活動を多く取り入れ、数学の楽しさや有用性を学びます。
     また、授業外でも数学検定(年2回)や数学オリンピックに挑戦できます。
  • 国語科
    国語科
     豊富なアクティブ授業を通して問題探究力を培います。また6年後を見据えた古典学習の充実をはかり、大学受験に向けた基礎基本を定着させます。中学一年次から思考・判断・表現力の育成と新入試制度に対応した実践力を持たせる授業を展開しています。
  • 理科
    理科
     中学では、高校内容につながる発展的内容を含めた学習を行うことで、高1ギャップを軽減し、実験などを通して五感を用いた現象の理解ができるようにしています。
     また新しい大学入試制度への対策として、理科専門誌などを授業や課外に用い、長文読解力、論理的思考力も育成します。
  • 社会科
    社会科
     中学校の社会科では、地理・歴史・公民の3つについて学習します。
     聡明では、基礎的・基本的な事がらについての勉強を中心に、パソコンなどを活用し、調べ学習・話し合い・発表など、活動的な授業をしています。
     教科指導を通じて日本や世界への興味・関心を高め、将来、社会で活躍できる人間を育てることを目指しています。
  • 宗教科
    宗教科
     週一度の「宗教」の授業の中で、「道徳」に関することを含め、人間としての生き方について学びます。
    キリスト教の教えを通して、人間一人ひとりが掛け替えのない存在であることを知り、将来に向けて自分に何ができるのかを真剣に考えます。この授業は"自分探し"ができる貴重な時間です。

ページ先頭へ

ページ先頭へ