卒業生の声
VOICE OF GRADUATES

横浜国立大学 経営学部
稻田 早紀さん
(東海東小学校出身)

この学校で過ごした6年間を振り返るにあたり、私はとても恵まれた環境の中で成長することができたのだと実感しています。クラスが少人数で構成されることにより、生徒一人一人に先生方が向き合い、心に寄り添った丁寧な指導をして下さいます。クラスメイトとは非常に長い時間、苦しさや楽しさを分かち合うことになります。卒業した今では私にとって家族のように大切な存在です。このような仲間と出会えることも、この学校の素晴らしさだと思います。また、学年を超えた交流も行事や普段の学校生活など様々な場面でみられます。私自身、勉強について何度も先輩方のアドバイスを参考にさせていただきました。
高い目標に向かって努力することができるのは、助け合う仲間と信頼できる先生方がいるからです。
後輩の皆さんには、周りの人びとを大切にし、授業、イベント、行事、何にでも挑戦して一度きりしかない学校生活を充実したものにしてほしいと思います。

熊本大学 医学部医学科
美和 兼太郎さん
(恒富小学校出身)

聖心ウルスラ学園聡明中学校で学んだこと。
入学した時、これから6年間は長いだろうと思っていましたが、卒業してから考えてみると聡明での6年間は短いものでした。それだけ6年間が充実したものであったからだと思います。
聡明の良いところは少人数であり、クラス内だけでなく先輩、後輩も含めて皆仲がよいアットホームな雰囲気にあるところだと思いました。ですので、学年が上がるにつれて難しくなる勉強も互いに協力し合うこともできますし、体育大会やウルスラ祭などの種々の行事で親睦を深めることもできます。また、先生方も時には厳しく、時には優しく接してくださいますので、わからないところの質問も気軽にすることができます。
このように、聡明ではよい雰囲気の中で協力し合いながら大学合格に向かうことができます。楽なことばかりでなく、苦しいこともありますがそれもまた大切な経験になります。後輩の皆さんは強い意志を持ち、夢の実現に向かって頑張ってください。

防衛医科大学校 医学科
広富 優華さん
(緑ヶ丘小学校出身)

他の人たちよりも、もっと高いレベルの勉強がしたい。小学生のときにそう決意して私は聡明中に入学することになりました。あれからはや六年。先生方や家族をはじめとする多くの人々の支えで私はこの春大学に入学することができました。
聡明中で一番よかったことは素晴らしい人々に巡り合えたということです。六年という歳月の中で共に勉強して、会話して、ときには遊んで、今では家族同様に感じるクラスの仲間たち。休み時間や放課後でも嫌な顔をせずにわからない問題や難題につきあってくれた先生方。これらはかけがえのない宝物です。
最後に後輩たちと、そして聡明に行こうと思っている人に言葉を贈りたいと思います。私はただ言われたとおりの勉強をするという姿勢だけで難関大学を目指すことは厳しいと思います。しかしその熱意に応えてくれる先生は多くいらっしゃいます。だから最後まで夢をあきらめないでください。

ページ先頭へ

ページ先頭へ